RIYU-BOOKROOM(漫画紹介ブログ)

漫画や書籍に関連したことをお話してます★

マンガ大賞!「宇宙兄弟」(あらすじ)電子書籍ですぐ読める

「おもしろい漫画が読みたい!」

「おもしろい漫画ってどこにあるの?」

なんて思った人にお伝えします。

 

その答えはタイトルを受賞した作品をチェックすれば間違いありません!

「マンガ大賞」を受賞した作品を紹介するシリーズ

この記事を読めばおもしろい漫画に辿り着けます★

 

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

 

今回の作品は

 

夢とロマンで作られる、宇宙に夢を抱いた兄弟の物語…!

「宇宙兄弟

(アル/ 宇宙兄弟/ 作者・l小山 宙哉/  講談社)

 

作者: 小山 宙哉

出版社 講談社

ジャンル 青年マンガ

掲載誌 モーニング

 

マンガ大賞!ノミネート「宇宙兄弟」(あらすじ)電子書籍ですぐ読める

目次

 

 

「宇宙兄弟 とは」

2007年12月から「モーニング」(講談社)にて連載がスタート

 

第56回「小学館漫画賞」一般向け部門受賞

第35回「講談社漫画賞」一般部門受賞

 

2009年「このマンガがスゴイ!」男編 第2位

2009年「マンガ大賞」第2位

2010年「マンガ大賞」第2位

 

2020年12月時点でコミック累計発行部数2500万部を突破。

 

2012年に「小栗 旬」主演で実写映画化、また同年に実写アニメ化される。

2014年にはアニメーション映画が制作される。

 

宇宙を題材にした漫画。

兄・南波 六太と弟・南波 日々人の兄弟が宇宙飛行士になる夢を抱き、その夢を実現し、宇宙飛行士として仲間たちと共に様々なミッションにチャレンジしていく様を描いた作品。

 

 

 

「あらすじ」

幼い頃、謎のUFOらしきものを目撃した兄弟・「南波六太(兄)」「南波日々人(弟)」は、「二人で宇宙飛行士になろう」と誓い合った。

 

 

それから19年後、努力を積み重ね有言実行で夢を叶えた日々人は宇宙飛行士として第1次月面長期滞在クルーの一員になる。

 

さらには日本人で初となる月面歩行者としても歴史に名を残そうとしていた。

 

一方で兄の六太は普通のサラリーマンとして自動車会社に勤めていた。

 

宇宙飛行士になった日々人とは対照的に「夢は叶わない」と現実を見るようになり、いつしか宇宙というものから遠ざかっていた。

 

ある日、六太は会社で上司が弟(日々人)の悪口を言ったことに腹を立て、とっさにその上司に頭突きを喰らわしてしまう。

 

それが原因で六太は会社をクビになり、転職先を探すもことごく失敗に終わっていく。

 

無職になった日々が続く中、六太の元に「JAXA(宇宙航空研究開発機構)」から一通の封書が届いた。

 

その中に入っていたのは「宇宙飛行士選抜試験」の書類選考合格通知書だった。

混乱している六太に母が日々人からの贈り物だと告げる。

 

実は日々人は六太に内緒でJAXAに宇宙飛行士選抜試験の選考書類に応募していたのだった。

 

しかし六太はチャンスをくれた日々人に感謝しながらも試験を受けるつもりはなかった。

 

六太は近所にある子供のころから通っていた天文台のオーナーの「シャロン」に会いにいく。

 

シャロンは六太や日々人に宇宙の事を教えてくれた先生でもあり、もう一人の母とも呼べる人だ。

 

シャロンは迷いを隠せない六太に「久しぶりにセッションしよう」と声をかける。

 

六太と日々人は子供ころよく二人でピアノのセッションをやっていたのだった。

 

「もう忘れたよ」という六太に対しシャロンは優しく言葉をかける。

 

「昔のあなたは難しいことに自分から挑戦していく、そんな子だった。音を出さなければ音楽は始まらないのよ」

 

シャロンの背中を押してくれた言葉をかみしめ、六太は再び宇宙への情熱を取り戻す。

 

幼い頃に誓いあった日々人との約束を果たすため、六太は猛勉強を始め宇宙飛行士選抜試験へと向かう。

 

 

 

 

「登場人物」

 

南波 六太(なんば むった)

主人公の一人。31歳。キツめの天然パーマが特徴

性格は几帳面で細かいことをすごく気にするタイプ。

 

幼い頃、宇宙飛行士になることを志すも夢半ばで挫折。

大学院を出てからは一般の自動車企業に就職する。

 

夢を叶えて宇宙飛行士になった日々人に対しコンプレックスがあり自己評価が低い、誕生日に「ドーハの悲劇」が起きたことで自分には不運に縁があると思っている。

 

勤め先の会社の上司が日々人をバカにしたことに怒り、思わず上司に頭突きを喰らわしそのままクビになる。

 

無職なった六太に日々人がサプライズで用意していた「宇宙飛行士選抜試験」の書類選考合格通知書に困惑するが、シャロンの後押しもあり、再び宇宙飛行士を目指すことを決意する。

 

非常に優れた観察力と記憶力があり、複数の情報を同時に見聞きする能力を持っている。

また発想力と独創力にも富んでおり、試験中様々な場面で機転を利かし周囲を驚かせる。

 

本人にあまり自覚はないが、そんな兄の能力を日々人は誰よりも見抜いている。

 

 

 

南波 日々人(なんば ひびと)

主人公の一人。28歳。JAXA所属の宇宙飛行士。

また月面に立った最初の日本人宇宙飛行士でもある。

 

世界最年少で月面調査クルーに選ばれるなど宇宙飛行士として非常に優秀。

 

アメリカでは「サムライボーイ」と呼ばれるなどとても人気がある。

 

兄想いで、六太が宇宙飛行士になること心待ちにしている。

 

性格は六太とは反対で細かいことはあまり気にしないタイプ、子供のころから六太から何かが足りないとよく指摘されていた。

 

目標に向かって真っすぐ突き進む力は絶大で、挑戦する心や向上心に溢れている。

 

 

金子 シャロン

南波兄弟が住む近所にある天体観測所の職員。

宇宙関係者の間では有名な天文学者である。

 

南波兄弟が幼いころ頻繁に観測所を訪れていたときに、宇宙の事から、楽器の演奏など様々知識を授け、彼らに大きな影響を与えた人物。

 

 

 

伊東 せりか(いとう せりか)

女医。

子供の頃に医者だった父を難病(ALS)で亡くしている。

 

ISSでのきぼうモジュールでの新薬発見と、病気(ALS)の原因を解明する為に宇宙飛行士を目指している。

 

選抜試験で六太と知り合ってからは親交を深めていく。

(六太の方はせりかに想いを寄せている)

 

 

 

真壁 ケンジ(まかべ ケンジ)

六太と同じく選抜試験を受け、その後は六太と友人のような関係を築く。

 

前職は研究員だった。安定はしているがに何一つ刺激が無い生活に嫌気がさし、妻の勧めで宇宙飛行士をめざしている。

 

性格はさわやかなイメージだが本人曰くひねくれ者を通り越したねじれ者だと自己分析している。

 

 

 

JAXA宇宙飛行士

 

吾妻 滝生(あずま たきお)

現役の宇宙飛行士。

月の周回軌道を周った最初の日本人である。

 

心情はあまり表には出さずほとんど笑顔も見せない性格。

地球へ帰還する日々人と交代する形で、日本人で2番目の月面着陸者となる。

 

常に重度のプレッシャーを背負って戦ってきた過去をもつ。

 

 

紫 三世(むらさき さんせい)

現役の宇宙飛行士。

JAXAの宇宙飛行士選抜の最終審査において吾妻らと共に六太たちの面接官を務める。

 

性格は目立ちたがり屋で、いたずら好き。

何かと騒がしい人でJAXAでのあだ名は「ニンジャ」

 

 

 

NASA宇宙飛行士

 

ブライアン・ジェイ

NASAの宇宙飛行士。

日本人初の月面着陸宇宙飛行士に日々人を推薦した人。

 

たくさんの宇宙飛行士やその候補生、志願者たちから多くの尊敬を集める偉大な人物である。

 

作中2023年11月23日、月面での任務を終えて地球に帰還する際に同乗していた乗組員らと共に墜落事故で死亡した。

 

 

 

エディ・ジェイ

NASAの宇宙飛行士。ブライアンの兄。

ISSでは優れたキャリアを持つ。

 

兄弟で月面に立つという夢を描いていたが、前宇宙飛行士室長の理解が得られず、結局月面での訓練を受けられずにいた。

 

矢先、弟のブライアンが墜落事故で死亡したことでその夢は失われた。

 

 

 

ビンセント・ボールド

NASAの宇宙飛行士。

六太たち(23期生)宇宙飛行士候補生の訓練教官を務める。

 

性格は非常にせっかちで気も早く、パートナーに効率的な思考とそれに見合う度胸を求めている。

 

子供の頃に亡くした親友に六太を重ね、彼とは親睦を深めていく。

 

 

 

 

 

「感想」

夢しか詰まってない!!

 

すでにアニメ化・映画化されておりとても有名な作品です。

筆者はこの作品に関してはアニメから入りました。

 

第何話かのアニメを何気なく見ていたら

「これは…おもしろい…!」

とすぐ直感し単行本を読み始めてからはもう止まりませんでしたね。

 

宇宙に憧れを抱いた二人の兄弟のお話です。

 

夢を叶えた弟に対して夢を諦めた兄。

 

けど様々な感情に悩まされながら30歳を超えてもう一度夢に向かって歩き出す六太は必ず応援したくなる!

六太は人間味もあって本当にいいキャラしてます!

 

ストーリーも本当におもしろく、まず嫌なキャラクターが出てこないので読後感も良くて泣かされる展開も数多くあります。

 

子供の頃からの六太と日々人とシャロンの関係、そしてブラアインとエディの兄弟の話などもう涙腺が限界…

 

そして宇宙やJAXAやNASAのことなど知らなかった知識や情報がいっぱいでいろいろ勉強になります。

 

あと宇宙飛行士になることがどれほど難しいことか本当によくわかる!

あの方たちは努力と才能を持ち合わせそこから選ばれた精鋭なのですね。

 

弟の日々人は天才で見事宇宙飛行士になり様々な功績を収めていますが、夢破れた兄もまた天才だったのです。

それが読み進めていくうちにだんだんとわかってくるところがおもしろい…!

 

多くの人に読んでもらいたい素晴らしい作品だと思います★

 



 

 

今回は「マンガ大賞ノミネート」作品

「宇宙兄弟」

を紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました★

 

www.riyu-book0079.com

以下は関連記事になります。よろしけれ合わせてご覧ください。

 

www.riyu-book0079.com

 

www.riyu-book0079.com

 

www.riyu-book0079.com