RIYU-BOOKROOM

漫画や書籍に関連したことをお話してます★

おすすめしたい人気作品!「親愛なる僕へ殺意をこめて」あらすじ・電子書籍で読もう!

「おもしろい漫画が読みたい!」

「おもしろい漫画ってどこにあるの?」

なんて思った人にお伝えします。

 

今流行の人気作品をチェックすれば間違いありません!

「おすすめしたい人気作品」を紹介するシリーズ

この記事を読めばおもしろい漫画に辿り着けます★

 

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

 

今回の作品は

 

人には言えない過酷な運命を背負った大学生・浦島エイジ!その現実と向き合った時、彼は惨劇に巻き込まれていく…!

「親愛なる僕へ殺意をこめて

(アル/親愛なる僕へ殺意をこめて / 原作・井龍一/ 講談社 )

 

原作:井龍一

漫画:伊藤翔太

出版社 講談社

ジャンル 青年マンガ

掲載誌 ヤングマガジン

 

おすすめしたい人気作品!「親愛なる僕へ殺意をこめて」あらすじ・電子書籍で読もう!

目次

 

「親愛なる僕へ殺意をこめて とは」

2018年23号から2019年36・37合併号まで「週刊ヤングマガジン」にて連載後、ウェブコミック配信サイト「コミックDAYS」に移籍し、2019年8月5日から2020年9月7日まで全97話が配信・連載された。

 

2022年6月時点でコミックス累計発行部数は120万部突破。

 

テレビドラマ

2022年10月~フジテレビ系列で放送される。

主演「山田涼介」

 

連続殺人犯の父をもつ主人公が、知らぬ間に殺人事件に関係しているのではないか!?というところから物語が展開していくサスペンス作品。

 

 

マンガ無料立ち読み

 

 

「あらすじ」

20歳の大学生「浦島エイジ」はある朝目覚めると、同じ大学でミスキャン候補と噂される美女「雪村京花」が隣で寝ていた。

 

 

突然の事に混乱するエイジ。

京花が言うには、エイジから告白されて二人は付き合っているのだという。

 

エイジには直前の数日間の記憶がなく、まるで日付が飛んだような感覚に陥る。

 

付き合い始めた経緯こそよくわからないものの、戸惑いながらもエイジは京花との関係を受け入れ、彼女と交際することにした。

 

数日後、自宅に帰りついたエイジたちを、彼の過去につきまとう雑誌記者が待ち伏せていた。

その記者はエイジが、15年前の女子大生連続猟奇殺人事件の犯人である「殺人鬼LL 」と言われる「八野衣真」の息子であるという秘密を、京花にバラす。

 

しかし京花は「お父さんはお父さん、エイジ君はエイジ君」と、その事実さえも受け入れる。

そしてエイジが京花と初めて結ばれようというまさにその時、エイジは思いがけない言葉を彼女の口から聞く。

 

「何言ってんの、昨日も“した”じゃん。」

……そう、日付が飛ぶ現象が、またしてもエイジの身に起きていたのだ。

 

この出来事と前後して、周囲の友人たちから、身に覚えのない自分のおかしな行動を次々と指摘されるようになり、エイジは不安を感じ始めるようになっていく。

 

そんなある日、エイジは、同じ授業を受けている女子「真明寺麗」から、自身に「二重人格」の疑いがあることを指摘される。

 

困惑するエイジに、麗はエイジがこのまま殺人鬼の息子である事実に立ち向かおうとせず、そこから目を逸らして逃げ続けていれば、いずれ取り返しのつかない大変なことが起こるだろうと警告する。

 

 

「登場人物」

 

浦島 エイジ (うらしま えいじ)

本作の主人公。

20歳の大学生。

「人生楽しんだもん勝ち」をモットーとしている。

 

同じ大学に通う、雪村京花と付き合い始めたころから

「夜寝て起きると数日間経っており、その間の行動はまったく覚えていない」

という現象に悩まされるようになっていく。

 

その後の事件などから、自分の知らないところで、もう一つの人格である「B一」が犯罪を行っていると予測し、B一の残した手がかりから独自に真実を調べ始める。

 

実の父親は、かつて「LL事件」と呼ばれる女子大生連続殺人事件の犯人「八野衣真」

八野衣と母親の死後は、浦島家に引き取られている。

 

B一(ビーイチ) / 八野衣 エイジ(はちのい エイジ)

エイジのもう一人の人格。

「B一」という呼び名は、エイジの名前をもじって麗が名付ける(A→B、2→1)

父である八野衣真の冤罪を信じて独自に調査を進めている。

エイジとは正反対に冷静で喧嘩に強い。

 

 

雪村 京花 (ゆきむら きょうか)

浦島エイジと同じ大学に通う女子大生。

ミスキャンパスの候補にもなるほどの美人で、ある出来事をきっかけにエイジと交際を始めることになる。

エイジの父親が殺人事件の犯人である事は知っているが、その事を気にせずエイジに接する。

 

 

 真明寺 麗 (しんみょうじ れい)

浦島エイジと同じ大学に通う女子大生。

おかっぱ頭で黒い服を着ていることが多い。

 

大学ではほとんど他人と一緒にいる事はないが、初対面であるはずのエイジのことをなぜか知っている様子を見せる。

その後、記憶が飛ぶ時間が長くなったエイジに、彼がもう一つの人格「B一」を持つ多重人格者である可能性を示唆した。

 

 

 桃井 (ももい)

女性刑事で階級は警部。

「畑中葉子」の殺害事件を調査中、彼女の遺体が15年前の「LL事件」で行われた殺害事件と同じ手口で殺害されている事を知り調査を開始する。

 

葉子と交際していた浦島エイジを第一容疑者と考え、実際に聞き込み調査という名目で接触しているが、エイジが殺人事件の犯人であるとは断定できずにいる。

 

 

八野衣 真 (はちのい まこと)

浦島エイジの実の父親。

15年前に「LL事件」と呼ばれる連続殺人事件の犯人。

 

4人の女子大生を拷問した後に殺害し、自身はその後焼身自殺している。

自殺の直前、サイト上に「また殺す LL」というメッセージを書き残した事が「LL事件」の通称の由来となっている。

 

 

畑中 葉子 (はたなか ようこ)

死体で発見された女子大生。

「LL事件」と同じ手口で、拷問された後、惨殺された。

元は「SKALL」というギャングチームのもとで売春をしていた。

その一方でSKALLのメンバーから情報を集め、運び屋を誰かに襲わせて金を奪おうと計画していたと思われる。

しかし、強奪事件が起こった直後行方不明となり死体となって発見された。

 

 

佐井 社 (さい やしろ)

ギャングチーム「SKALL」のリーダー。

非常に残忍な性格

チームで組織的な売春を行っており、女性を商品のように扱っている。

 

浦島エイジのもう一つの人格「B一」となんらかの事件を通して知り合ったらしく、エイジの事をかなり評価しており「B一」のふりをして接触を図ってきたエイジを、SKALLのメンバーに引き入れようとする。

 

畑中葉子の手引きで、SKALLの運び屋から金を強奪した人物がチームメンバーの中にいると考えており犯人を探している。

 

 

白菱 正人(しらびし しょうと)

大学教授。

娘をLL事件の最後の被害者として惨殺されている。

B一に協力している。

 

 

浦島 亀一(うらしま きいち)

小説家・テレビドラマの脚本家。

ボランティアで始めた保護司として、真と知り合う。

LL事件の後、養父としてエイジを引き取って育てる。

 

 

猿渡 敬三(さるわたり けいぞう)

桃井の上司であり警視。

畑中葉子殺害事件を捜査する管理官。

かつて桃井と組んでおり、LL事件でも一緒に真を追っていた。

 

 

18歳以上限定のコミック・劇画

 

「感想」

読み始めたらもう抜け出せない…。

 

いわゆるミステリーサスペンス作品。

自分の記憶が抜け落ちている間、もう1人の自分が取った行動を調べて行くうちに、とてつもない惨劇に巻き込まれて行く主人公「浦島エイジ」を追いかけていく物語です。

 

重大な秘密を抱えるエイジの記憶が飛ぶところから、様々な事態が起こり始めて物語が加速していきます。

読者をそのまま引き込んでいく展開は見事。

 

記憶が無くなっている事によって、知り合いの登場人物との関わりでさえサスペンス要素として成り立っていくので、読み手に一定の緊張感を与えます。

やはりそこはミステリーの醍醐味!

 

また絵は上手かつ非常にリアルで、より作品の世界へと入り込んでいけます。

ただかなり残酷な描写もあったりするので、グロ系が苦手な方であれば読みづらさはあるのかもしれません。

 

前半はまだ状況が把握できないまま次々に事件が起きていき、息もつかせぬ展開…!

そして後半からはエイジが自分と向き合っていくことでさらに重たい話になっていき、物語の核心に迫っていきます!

終始ハラハラさせる物語の展開に、続きが気にならないわけがない!

おすすめミステリーサスペンス★

 

電子書籍の本屋さん

 

 

今回は「おすすめしたい人気作品」

「親愛なる僕へ殺意をこめて」

を紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました★

 

以下は関連記事になります。よろしければ合わせてご覧ください。

 

www.riyu-book0079.com

 

www.riyu-book0079.com

 

www.riyu-book0079.com