RIYU-BOOKROOM

漫画や書籍に関連したことを紹介しています★

ドクターストーンがおもしろい!

「おもしろい漫画が読みたい!」

「おもしろい漫画ってどこにあるの?」

なんて思った人にお伝えします。

 

今流行りの人気作品をチェックすれば間違いありません!

「おすすめしたいトレンド作品」を紹介するシリーズ

この記事を読めばおもしろい漫画に辿り着けます★

 

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

 

今回の作品は

 

全人類が石化した世界…!ゼロから文明を創りだす空前絶後のSFサバイバル冒険譚!

「Dr.STONE

(アル/ Dr.STONE/ 原作・稲垣理一郎/ 集英社 )

 

原作:稲垣理一郎

作画:Boichi

出版社  集英社 

ジャンル 少年マンガ

掲載誌 週刊少年ジャンプ

 

ドクターストーンがおもしろい!

目次

 

「Dr.STONE とは」

2017年14号から2022年14号まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載された。

 

2018年「次にくるマンガ大賞」コミックス部門2位入賞

第64回「小学館漫画賞」少年向け部門受賞

 

2022年6月時点で電子版を含めたコミックス累計発行部数は1400万部を突破。

 

テレビアニメ

第1期(2019年7月から2019年12月)

第2期(2021年1月から2021年3月)

TOKYO MXほかにて放送された。

 

謎の光線により人類が全て石化してしまった世界で、蘇った高校生達のサバイバルを描いたSF作品。

 

 

マンガ無料立ち読み

 

「あらすじ」

高校生の「大木大樹」は、ずっと好意を抱いていた「小川杠」に自分の気持ちを告白しようとしていた。

その言葉を聞いた幼馴染である「石神千空」から(適当な)激励を受けて、大樹を学校のクスノキの木の前に呼び出して告白しようとする。

 

ところがその瞬間、

突如として空が眩く発光し、地球上の全人類が一斉に石化するという怪現象が起こる。

 

身動きが取れない(意識はある)大樹は長い年月を耐え続け石化から復活することが出来た。

しかし目の前には、辺り一面に樹木が生い茂り、風化した景色が広がっていた。

 

石化が解け一足先に目覚めていた千空。

大樹は千空と再会を果たす。

そして千空から、この世界は自分達が生きていた時代からおよそ3700年経過しているということ、人類が消えた(滅んだ)世界で自力でもう一度文明を起こす決意を聞かされる。

 

自分達の石化が解けた原因は「石の腐食」であると考えた千空は、約半年に渡る実験を経て石化を解く液体「ナイタール」を完成させた。

 

早速、その完成品をに使おうとした矢先に2人は野生のライオンの群れと遭遇してしまう。

ライオンから逃走する途中で「霊長類最強の高校生」と評されていた格闘家である「獅子王司」を復活することに成功し彼に危機を救ってもらう。

 

しかし、は自身の思想に合わない人間は容赦なく排除するという危険な人物だった。

の本性を知った千空と大樹はを復活させ、最強の格闘家であると対立することになる。

 

「登場人物」

 

石神 千空(いしがみ せんくう)

本作の主人公。16歳

口癖は「唆るぜ、これは」

また「100億%○○」「100億点○○」などという言葉をよく使う。

 

超科学オタクで、「科学は地道な探求」という持論を持っている。


数学にも強く複雑な計算を暗算なども余裕で出来る。

医学、生物学、植物学などの知識も持ちも豊富に待ち合わせ、それらの知識を文明崩壊後の世界で皆が生き残るために役立てていく。

 

頭脳明晰な反面、身体能力は極端に低い。

合理的な性格だが非情ではなく、1人の命と大勢の命を天秤にかけるような場面でも1人の命を見殺しにできない優しさ(甘さ)も持つ。

 

石化後、秒数を数えて暦を把握するという離れ業をやってのけ、大樹より半年ほど早く石化から復活した。

原始世界で再び科学を発展させるべく奮闘していく。

 

 

大木 大樹(おおき たいじゅ)

千空の幼馴染。16歳。


典型的な脳筋で勉強はあまり出来ない。

性格は誠実であり。単純な熱血漢。

親友の千空の言うことは無条件で信じて身を任せる。

杠に好意を抱いている。

 

千空の復活から約半年後に石化から復活。

頭脳労働は千空に任せ、自らは肉体労働でサバイバルに奮闘する。

身体能力は作中でもトップクラスを誇るが、本人の性格から戦うという行為はしない。

 

 

小川 杠(おがわ ゆずりは)

千空と大樹の友人。15歳。

明るい性格をしており手芸部に所属。

手先が非常に器用。

 

「手芸は根気」を信条としており、地味で単調な作業も根気強く続けることができる。

見た目によらず度胸も据わっていて、ここぞという時は大胆な行動を取る事もある。

千空と大樹によって石化から復活した後、彼らと行動を共にする。

 

 

浅霧 幻(あさぎり ゲン)

マジシャン兼メンタリスト。19歳。

「浅霧 幻(あさぎり ゲン)」は芸名で、本名は不明。


軽薄かつ飄々とした性格をしており、口が上手く用意周到。

口癖として「ゴイスー」「バイヤー」「ドイヒー」などの倒語を多用する。

心理学に精通し、その知識を千空達のための交渉や人心掌握、人力の獲得などに使っている。

 

声帯模写が得意で女性の声の模写も可能。

石化復活後、司より千空の死を確認する任務を与えられて石神村へ訪れるが、千空が作った電気を見て衝撃を受け、コーラ一本を条件に千空側に寝返った。

 

千空達と同じ現代人であるため、現代人でないと伝わりにくい事柄もすぐ理解できる。

 

 

コハク

石神村に住む少女。16歳。

千空が最初に遭遇した石神村の住人。

 

11.0という驚異的な視力と軽快な身のこなしで村一番の武力を誇る。


母親が亡くなり、姉のルリが病弱なため、父親コクヨウから巫女になることを命じられる。

 

しかし、ルリが死んでもコハクがいるという父の保険をかけた計画に手を貸す気は無く、自分が巫女の後継者になってしまうとルリの気力の糸が切れてしまうと考え、あえて父に嫌われ巫女にふさわしく無い娘になろうと粗暴になっていった。

 

ルリのために温泉を汲みに行った際に千空に出会い、以降彼に協力するようになる。

 

 

クロム

石神村に住むの少年。16歳。

コハクとルリの幼馴染。


石神村の住人の中では稀少な理数タイプで、好奇心も旺盛で頭が良い。

化学の倉庫を所有している。

 

科学を「妖術」と呼び、村の科学と算術を確立させた。

それから千空と出会い、科学の素晴らしさを学ぶ。

ルリに好意を抱いているが、クロム本人はその恋心に気づいていなかった。

 

 

ルリ

石神村の巫女。18歳。

コハクの姉で、クロムの幼馴染。


代々の巫女が伝承する「百物語」を継承しており「桃太郎」の他に物や、難しい言葉を知っている。


病弱で命の危険があったが、千空が完成させたサルファ剤を服薬して回復する。

クロムとは小さいころよく遊んだ仲だが、立場と病気によりずっと遠縁のような関係が続いていた。

 

 

金狼(キンロー)

石神村の門番の青年。18歳。

非常に生真面目で規則に厳しい。

 

千空に自身愛用の槍に金メッキ を施されると喜ぶなど素直な一面もある。

 

本来の戦闘力はマグマも上回るが、ボヤボヤ病(近眼)で実力を発揮できなかった。

しかし千空に作ってもらったメガネを着用して近視を克服する。

 

 

銀狼(ギンロー)

石神村門番の少年で金狼の弟。16歳。

フランクで単純かつで、非常に弱気な性格。

 

金メッキを施された金狼の槍に嫉妬し、その槍が無くなった時はおちょくったりと意地悪いところも多い。

硫酸採取時に気を失いかけたが、その後千空の言葉で勇気を出し、硫酸の池に落下しそうになったクロムを助けるなど、土壇場では漢気を出せる人間である。

 

 

スイカ

石神村の少女。9歳。

スイカをフルフェイスのヘルメットのように被っている。

「スイカ」が本名かどうかは不明。

語尾に「○○なんだよ」という言い方で話す。


内向的だが純真無垢で、「人の役に立ちたい」という思いが強くあり、積極的な行動も出来る。

小柄な体と被り物を活かした情報収集が得意。

 

 

マグマ

石神村の青年。目付きも悪く性格も凶暴。

問題を解決するために、千空たちを迷いもなく殺そうとするなど自分の邪魔な相手は容赦しない性格。

 

体格も良く、石神村で次期長に最も近いとされていたが、ゲンのハッタリとクロムの機転で御前試合で敗北。

総合的な実力は、コハク、(メガネを着用した)金狼には劣るが、単純にだけで言えば村でダントツである。

 

 

カセキ

石神村の老人。60歳。

仕事熱心な職人で、千空達のあらゆる物作りにおける中心的存在。

(物語のキーパーソンの1人)


老人ながらにして屈強な肉体を持ち、千空と同じく技術にも詳しい。

千空たち若い面々とは歳が50近くも離れており、通常は隠居するほどの高齢でありながら周りからは現役扱いされる。

 

 

獅子王 司(ししおう つかさ)

「霊長類最強の男子高校生」の異名で呼ばれており、その名は世界的にも名が知られている格闘家。18歳。

千空と大樹に続き3番目に復活した。

 

長髪で端正な顔立ちをしており、頑強な肉体をもつ。

異名の通り常人離れした高い戦闘力を持ち、ライオンの群れを素手で撃退する。

また、石化復活液の正体を看破するなど、賢さも併せ持つ。

 

自身の理想のためなら殺人も厭わない。

今の状況を

 

「石の世界=まだ何の汚れもない楽園」と解釈し「純粋な若者だけを復活させ、このまま誰のものでもない自然と共に生きていく」という選民思想と独善的な価値観を持った人間。


復活後、自身の価値観から千空・大樹・杠と敵対。

 

 

氷月(ひょうが)

司帝国の戦闘員。

マスクで口元を隠している青年。

誰に対しても丁寧な口調で話す。

 

貫流槍術の使い手で、管槍を使用して戦い、石神村の人間が総出でも勝てないほどの実力を持っている。


人類の選別という根柢では司と考えが合致してはいたが、司が目指す人が人から奪わない理想郷には興味が無く、むしろ能力的に優れた者のみを選別し生かすべきと考える。

 

 

西園寺 羽京(さいおんじ うきょう)

司帝国の戦闘員。弓矢使い。

司・氷月と共に司帝国の3トップに数えられるほどの実力者。

現代では自衛官で潜水艦のソナーマンだった。

 

耳が非常に良く、音で相手の居場所を把握する事も出来る。


実は復活者同士が殺し合うことは避けたいと考えておりぬか、誰も死なせないのを理想としている。

 

 

18歳以上限定のコミック・劇画

 

「感想」

無限の可能性を秘めた科学の力!

 

「週刊少年ジャンプ」で連載され大人気を博した科学をテーマにした少年マンガです!

 

謎の石化光線で人類が石化してしまい、3700年後に石化から目覚めた科学の天才「石神千空」とその友人「大木大樹」が一から文明を創りだす姿を描いたSF作品。

 

「少年マンガの王道」「科学」をかけ合わせた作品です!

 

天才の千空が科学の力をもって一から文明を築き上げていく様はロマンに溢れ、確実に少年心を刺激します!

月並みですが本当に夢がたくさん詰まっている!

 

モノづくりの過程は全て科学に基づいて説明され、(ご都合展開も無く)理解もしやすいのでとても読みやすいです!

 

理科の授業で聞いた苦手で子難しい話は、本作品を読めば楽しみながら科学を学べるので教材としての価値もある漫画だと思います。

 

登場キャラクター達の個性豊かさや、どんどん盛り上がっていくストーリーにページを捲る手が止まらなくなります!

 

そしてなんと言っても作中に出てくる千空のセリフがカッコ良すぎる!!

「科学では分からないこともある、じゃねえ。

分からねえことにルールを探す。

そのくっそ地道な努力を、科学って呼んでるだけだ」

 

他にも千空は読者の心をえぐるようなしびれるセリフをたくさん放ちます!

(筆者は大の千空ファンになりました)

 

科学SF漫画の傑作!

年齢、男女問わず幅広い層におすすめできる作品です★

 

「ファンタジーに科学で勝ってやんぞ、唆るぜこれは…!!」

 

電子書籍の本屋さん

 

今回は「おすすめしたい人気作品」

「Dr.STONE」

を紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました★

 

www.riyu-book0079.com