RIYU-BOOKROOM(漫画紹介ブログ)

漫画や書籍に関連したことをお話してます★

このマンガがすごい!「海が走るエンドロール」(あらすじ)電子書籍ですぐ読める

「おもしろい漫画が読みたい!」

「おもしろい漫画ってどこにあるの?」

なんて思った人にお伝えします。

 

その答えはタイトルを受賞した作品をチェックすれば間違いありません!

 

「このマンガがすごい」タイトルを受賞した作品を紹介するシリーズ

この記事を読めば必ずおもしろい漫画に辿り着けます★

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

 

今回の作品は

 

65歳、私はこれから映画の海へ船を出す

「海が走るエンドロール」

(アル/ 海が走るエンドロール/ 作者・たらちねジョン/  秋田書店)

作者: たらちねジョン

出版社 秋田書店

ジャンル 少女マンガ

掲載誌 ミステリーボニータ

 

このマンガがすごい!「海が走るエンドロール」(あらすじ)電子書籍ですぐ読める

目次

 

 

 

「このマンガがすごい! 海が走るエンドロール とは」

2020年11月号より「ミステリーボニータ」(秋田書店)より連載スタート。

 

2022年「このマンガがすごい」女性編 第1位

2022年「THE BEST MANGA このマンガを読め」第9位

第12回 「ananマンガ大賞」準大賞

2022年「マンガ大賞」第9位

2022年「出版者コミック担当が選んだおすすめコミック」第4位

2022年 「e book japan マンガ大賞」第3位

 

65歳の女性が自分は映画を作る側の人間だと自覚し、映画制作に挑戦する物語。

 

 

 

「あらすじ」

夫と死別した「茅野 うみ子」65歳。

夫と一緒に映画を観る事が好きだったうみ子は、数十年振りに映画館へと足を運ぶ。

 

映画の上映中に夫とのデートで、「映画ではなく映画を観てる人が好き」であると指摘された事を思い出し、場内では客席の方を見ていた。

 

上映後の帰り際、うみ子が周りの客席を観ていた事に気づいた美大生の青年「濱内 海」と出会う。

 

知り合いになった2人はその後、うみ子の家で一緒に映画「老人と海」を観る事になった。

 

うみ子は映画を観ながら、夫はもうこの世にはいないのだと再認識して涙を流す。

 

帰り間際、海はうみ子に問う。

「うみ子さんさぁ、映画作りたい側なんじゃないの?」

と。

 

どんなにおもしろい映画を観ていても客席が気になる人、もし自分の作った映画がこんな風に観られたらと考えてしまう人は

 

「今からでも死ぬ気で映画作った方がいいよ」

 

と海はうみ子に指摘した。

 

心の奥底で感情が揺さぶられたうみ子は、自分は本当は映画を作りたい人なんだと自覚する。

 

それから「映画作り」を学ぶべく、65歳にして美大の映像科に入学する事になる。

 

 

 

「登場人物」

茅野 うみ子(ちの うみこ)

本作の主人公。65歳の女性。

死別した夫とは映画鑑賞が趣味だった。

 

好きな映画作品は

「老人と海」「LEON」

 

娘が1人いてBL作家をしている。

 

美大生の「濱内 海」との出会いをきっかけに、自分は映画を「観る側」ではなく「作る側」の人間だという事を自覚し、65歳で美大の映像科に入学する。

 

65歳という彼女の年齢は年金の支給が始まったら、シニア割引があったりするが、まだまだいろんな事ができるのでは?という考えから決定された。

 

また65歳で美大に入学すれば卒業する時には70歳に近い年齢となるが、作者の映画監督の友人によると海外にはそういった監督もいるらしい。

 

当初のキャラ設定では「インスタグラマーとして注目されていた、ニューヨークのファッションストリートのお洒落なお婆さま」だったそうだが、もっと現実に添わせる形で変更されていった。

 

 

濱内 海(はまうち かい)

20歳。男性。

美大の映像選考科に在籍する美大生である。

 

基本尖った性格をしているが甘え上手なところもある。

 

家で一緒に映画を観た「うみ子」に対して、本当は「映画を作りたい側の人なのではないか」と問う。

 

キャラクターは「新世紀エヴァンゲリオン」の「綾波レイ」をモデルにしたらしく、中世的で実在の人間っぽくない様な雰囲気を漂わせている。

 

恋愛映画などには関心が薄かったりと、性規範から外れた立ち回りをするキャラクターとして描かれている。

 

 

「感想」

何か新しい事を始めるのに年齢なんて関係ないと思わせてくれる作品です。

 

還暦を迎えたうみ子さんが映画を作りたいと決意し実際に行動に移していく姿と勇気には心が震えました。

 

「うみ子」「海」

年齢も立場も全く違う2人が、お互いに影響を与えながら映画の創作活動に向き合っていく姿が細かく描かれています。

 

実際の孫とおばあちゃんではない中で、この年齢差が人間関係としてどう成り立っていくのか考えながら読むととても新鮮でした。

 

またゼロから何かを生み出す「創作者」の苦悩もリアルに描かれており、創作や表現といった世界で生きている人達は改めて尊敬します。

 

物語はまだ始まったばかりで、うみ子さんと海がこの先どんな映画を作っていくのか、とても楽しみです。

 

何か新しい事を始めようとする人には、良い影響を与えてくれる作品だなと思いました★

 

 

 

 

今回は「このマンガがすごい!」受賞作品

「海が走るエンドロール」

を紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました★

 

 

www.riyu-book0079.com

以下は関連記事になります、よろしければあわせてご覧くださいませ。

 

 

www.riyu-book0079.com

 

 

 

www.riyu-book0079.com

 

 

 

www.riyu-book0079.com