RIYU-BOOKROOM

漫画や書籍に関連したことをお話してます★

異世界シリーズ!「虫かぶり姫」読むなら電子書籍がおすすめ!

「おもしろい漫画が読みたい!」

「おもしろい漫画ってどこにあるの?」

なんて思った人にお伝えします。

 

その答えはタイトルを受賞した作品をチェックすれば間違いありません!

今流行りの「異世界シリーズ!」作品を紹介!

この記事を読めばおもしろい漫画に辿り着けます★

 

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

 

今回の作品は

 

一迅社アイリスNEOで大人気!本を愛する令嬢の勘違いラブファンタンジー!

「虫かぶり姫

(アル/虫かぶり姫 / 原作・由唯/一迅社  )

 

原作:由唯

作画:喜久田ゆい

キャラクター原案:椎名咲月

出版社:一迅社

ジャンル:少女マンガ

掲載誌:コミックZERO-SUM

 

異世界シリーズ!「虫かぶり姫」読むなら電子書籍がおすすめ!

目次

 

「虫かぶり姫 とは」

小説投稿サイト「小説家になろう」にて2015年9月~2022年1月の間に連載され、2016年7月に「アイリスNEO」(一迅社)で書籍化される。

 

コミカライズ

「コミックZERO-SUM」にて2018年10号より、作画•喜久田ゆいで連載がスタート。

 

テレビアニメ

2022年10月よりAT-Xほかにて放送される。

 

2021年5月時点でシリーズ累計発行部数は200万部を突破。

 

「虫かぶり姫」と呼ばれるほど本好きの令嬢と、その婚約者が互いの知識や思いやりをもって問題を解決していき、少しずつ心を通わせながら成長していく姿を描いた恋愛ファンタジー作品。

 

 

マンガ無料立ち読み

 

 

 

「あらすじ」

宝石やドレスよりも本が好きで「虫かぶり姫」と呼ばれる侯爵令嬢「エリアーナ・ベルンシュタイン」

 

彼女はサウズリンド王国の第一位継承者「クリストファー・セルカーク・アッシェラルド」から「好きなだけ本を読める時間を与える代わりに結婚してほしい」と言われ、王宮図書室の本をたくさん読めると考えたエリアーナは求婚を受け入れる。

 

そして4年の月日が経つ。

クリストファーや王家の人たちとの関係も良好で、王宮図書室の本を自由に読める環境はエリアーナにとっては至福の時間で、名ばかりの結婚ではあったもののエリアーナは楽しい日々を過ごしていた。

 

しかしエリアーナは、後宮に行儀見習いとしてやって来た「アイリーン・パルカス」がクリストファー」と親しげに話しているのを目撃し、思わず嫉妬心が芽生えたことで自身が知らないうちに彼に対して恋心を抱いていることを自覚する。

 

 

「登場人物」

 

エリアーナ・ベルンシュタイン

本作の主人公。

幼少時から宝石などよりも本が好きなことから「虫かぶり姫」と呼ばれている侯爵令嬢。

 

活字で書かれていれば貴賤を気にせずに地域回覧板なども読んでいるが、それにより様々な知識を身に着け、それが結果的にサウズリンド王国に利益をもたらすことも多い。

 

「エリィ」「妖精姫」などの愛称でも呼ばれている。

 

 

クリストファー・セルカーク・アッシェラルド

サウズリンド王国の王太子でエリアーナの婚約者。

 

幼い頃からエリアーナに対して恋心を抱いており、エリアーナを王太子妃にするべくこれまでの間に様々な画策を練っていた。

 

親しい間柄には「クリス」という愛称で呼ばれており、エリアーナにも呼んでもらいたいと思っている。

 

 

アレクセイ・シュトラッサー

誰に対しても冷淡な態度で接することから「氷の貴公子」と呼ばれている侯爵令息。

 

クリストファーの秘書的な立場であり、公務をサボりがちなクリストファーに苛立ちを感じている。

 

 

グレン・アイゼナッハ

クリストファーの護衛を務める青年騎士で、自身の髪色から「赤髪の騎士」と呼ばれている。

 

笑顔で明るい性格のため男女問わず人気があるが、感情を隠すことが苦手で苛立つことがあると顔や仕草に出やすい。

 

 

テオドール・ウォーレン・アッシェラルド

クリストファーの叔父で、現国王の実弟。

王宮書庫室の管理責任者であり、エリアーナと本の話題で意気投合する。

 

 

アラン・フェレーラ

宮廷楽師を務める青年であり、クリストファーの隠し駒として諜報活動も行う。

 

 

アルフレッド・ベルンシュタイン

エリアーナの兄で彼女のことを溺愛している。

エリアーナが王太子妃候補になったことで宰相補佐を任じられ、仕事に追われることとなる。

 

親しい間柄には「フレッド」という愛称で呼ばれている

 

 

ジャン

エリアーナに長く仕える従僕。

エリアーナと共にベルンシュタイン家から王宮へ上がって以降もフラットな態度で接し、護身術などを伝授する。

 

 

アイリーン・パルカス

後宮に行儀見習いとしてやって来た子爵令嬢。

 

社交的で明るく振る舞っていることから男性陣に人気がある一方で、人目もはばからずアレクセイやグレンたちと親しげに話していることから女性陣には疎まれている。

 

 

アーヴィン・オランザ

マルドゥラ国の第5王子。

サウズリンド王国の元公爵令嬢を母にもつ。

 

 

18歳以上限定のコミック・劇画

 

 

「感想」

異世界王道恋愛ストーリー

 

本が大好きな令嬢と、その令嬢に惚れ込んだ王子2人の恋路を追いかけていくような物語です。

 

異世界を舞台にした王道恋愛作品ではありますがファンタジーの要素もあります。

冴えない(と自分で思っている)主人公のエリアーナの、いわばシンデレラストーリー!

 

にプラスして、エリアーナが読書を重ねることによってたくさんの知識を身につけ、よりよい方向へ向かっていくのを見守るような印象です★

 

また絵が本当に綺麗で読みやすく、登場人物の設定もしっかりしているので漫画としてもかなり作りこまれているなと思いました。

 

主人公であるエリアーナもキャラとして非常に魅力的で、いつもほんわかしていて彼女に癒される方も多いのではないでしょうか!?

 

ちなみにタイトルの「虫かぶり」「虫」「本の虫」という意味ですのでご安心下さいw

 

王道な恋愛漫画としては高い評価を得ています!

異世界系の漫画ですが、バチバチのバトル物ではなく、とても癒される作品となっています★

 

電子書籍の本屋さん

 

今回は「異世界シリーズ!」作品

「虫かぶり姫」

を紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました★

 

以下は関連記事になります。よろしければ合わせてご覧ください。

 

www.riyu-book0079.com

 

www.riyu-book0079.com

 

www.riyu-book0079.com