RIYU-BOOKROOM

-電子書籍で読む漫画や同人誌を紹介-

DMMブックスでマンガや同人誌を見つけよう!魅力とメリットを解説!

本サイトではプロモーションが含まれています

同人誌を探している女性

「DMMブックス」は、マンガだけでなく同人誌も含め、様々なジャンルの電子書籍を提供するサービスであり、豊富なラインナップと高いコストパフォーマンスで注目を集め、多くの人に愛されています!

本記事は、同人誌を購入する電子書籍ストアを探されている方に向けて、「DMMブックス」の特徴や魅力、メリットなどを詳しく解説しています。

また、実際にDMMブックスを利用した筆者個人の感想も掲載しているので、是非参考にしてみてください。

本記事が少しでもお役に立てましたら幸いです。

DMMブックスでマンガや同人誌を見つけよう!魅力とメリットを解説!

同人誌を抱えている女性

1.DMMブックスとは?

猫とくつろいでいる女性

DMMブックスは、DMM.comが提供する電子書籍プラットフォームの一つで、多彩なジャンルのマンガやライトノベル、同人作品などを取り扱っています。

厳密には「DMM.com」の別サイトである「FANZA」が成人向けコンテンツや同人タイトルを扱っています。

DMMブックスとFANZAは姉妹サイトのようなものです

 

FANZAとは?

FANZA(ファンザ)は、成人向け動画配信サービスで有名なサービスですが、同時に成人向け電子書籍や同人誌の配信サービスも手掛けています。

FANZAは成人向け電子書籍に特化しており、多種多様な作品を取り扱っています。

また、FANZAでしか読めないオリジナル作品や、独占的に配信されている大人向け漫画も多数ラインナップしています。

一方で、DMMが運営しているという誤解があるかもしれませんが、実際には成人向け事業の分社化により、別の会社が運営しているサービスです。

全年齢版の「DMM.com」とはドメイン単位で分けられており、FANZAは「dmm.co.jp」となっていますが、この二つのサイトは簡単に行き来できるようになっています。

DMMブックスでは成人向けコンテンツに限りますが、読み放題プランも充実しており、利用者は月額料金で多くの作品を読み放題できる点が特徴です!

FANZAも合わせると成人向けのマンガや同人作品も豊富に取り扱っているため、大人の方も楽しめる電子書籍プラットフォームとなっています★

 

1-2. DMMブックスの特徴や魅力

DMMブックスの特徴

無料で読める作品は2万冊以上を揃えている!

DMMブックスは、98万冊以上のマンガ・小説・雑誌などの充実した品揃えを誇っており、多彩なジャンルの作品を取り揃えています!

さらに同人誌・画集・写真集・成人向け作品のラインナップも豊富で、欲しい作品がきっと見つかります!

また、2万冊以上の作品が無料で読み放題となっており、さまざまな作品を自由に楽しめます。

会員登録時に初回購入70%OFFクーポンが貰える!

DMMブックスでは、初めて購入するユーザーに向けて、なんと70%OFFのクーポンをプレゼント中です!

気になる作品がある方は、このチャンスを逃さずにお得に購入できる絶好の機会!

年3回のスーパーセールやポイント還元が豊富!

DMMブックスは、長期の休暇や特別なイベントの時に開催されるスーパーセールポイント還元キャンペーンが盛りだくさんで、年間を通して様々なキャンペーンやクーポンが提供されるのが魅力です!

これらのお得な特典を利用して、電子書籍をよりリーズナブルに手に入れることができます!

 

DMMブックスの魅力

DMMブックスは、多彩なジャンルのマンガを取り揃えています!

人気作品からマイナーな作品まで幅広くカバーしており、作品数が豊富で、新しい作品も続々と配信されているので、常に最新作や話題作を楽しめます!

また、成人向けコンテンツに限られますが、読み放題プランも揃えています!

加えてコストパフォーマンスはかなり高く、好きなだけ作品を読み放題で楽しむことができるので、DMMブックスはかなり魅力的なサービスと言えます★ 

 

2.DMMブックスの利用方法

電子書籍の利用方法を調べているネコ

2-1. DMMブックスのアカウント作成方法

まずはアカウントを作成します。右上の人のマークをクリック

 

「DMMアカウント登録」をクリックし

メールアドレス・パスワードを入力します。

 

上記のアカウントを利用することも可能です。

1つのDMMアカウントで、DMM.com・DMM GAMES・FANZA・FANZA GAMESのサービスが、どのデバイスからでも利用できます

同人誌をチェックしたい場合はFANZAに移動して作品を探してみてください★

 

2-2. DMMブックスでのマンガ・同人誌の購入方法

以下は作品購入の流れになります。

①ログイン
②虫眼鏡アイコンをタップ→検索
③作品をタップし「購入手続きへ」を選択
④支払い方法を選び「購入を確定する」をタップ

 

まずはDMMブックストアにログインします。

画面右上にある検索アイコンをタップして、探したい本のタイトルを入力します。

 

タイトルを入力すると、候補が下に表示されるので、該当するものをタップします。

 

DMMブックスでお気に入りの本を見つけるには、検索バーを使う方法や、トップページをスクロールして「セール作品」「新着・話題の作品」をチェックする方法があります。

 

また、カテゴリーを選んで本を探すこともできます。どの方法でも、自分の好みに合った本を見つけることができますよ。

 

2-3. DMMブックスのマンガ・同人誌の読み方

ブラウザ版

作品を読むには、購入済みの場合はページ画面上の「購入済み」ボタンをクリックするとすぐに読むことができます。

 

無料作品を読みたい場合は、ページ画面の「¥0無料」をクリックして該当する作品一覧を表示します。

そこから読みたい作品を選択し、「無料で読む」をクリックすると、すぐにビューア画面が開きます。

また、作品の表紙をクリックすると無料サンプルが視聴できるので、気になる作品を試し読みしてみることもできます。

 

アプリ版

購入済みの作品は、ホーム画面を左にスワイプすると表示されます。

未ダウンロードの作品は、矢印マークがついています。

作品をタップし、「ダウンロード」をクリックして、保存先ファイルを「内部ストレージ」または「外部SD」から選択して完了します。

 

無料作品は、ホーム画面をスクロールして一覧を表示し、読みたい作品の表紙をタップしてください。

無料サンプルも同様に、表紙画面をタップし「立ち読み」を選択するとビューア画面が開きます。

ダウンロードした後はアプリの方が読みやすいと思います!

 

2-4. DMMブックスでの支払い方法と注意点

支払い方法を調べているネコ

決済手段

支払い方法

クレジットカード

キャリア決済

DMMポイント

DMMプリペイドカード

PayPal

クレジットカード

利用できるクレジットカード

Visa

JCB

American Express

Diners Club

 

DMMブックスでクレジットカードを利用すると、支払金額の1%がDMMポイントとして還元されます。

さらに、DMMが発行する「DMMカード」を利用すれば、DMM内での買い物によって4%のポイントが還元されます。

DMMカードは入会・年会費が無料で、新規入会時にはポイントがもらえることもあります。

DMMブックスだけでなく、DMMの他のサービスも利用している人にもおすすめです。

 

作品を購入する際には、都度支払い方法を選択することができますが、支払い方法をクレジットに統一する方は、カード情報の登録がおすすめです。

マイメニュー内の「DMMアカウント情報」から「クレジットカード」を選択し、「クレジットカード登録・変更」をクリックしてカード情報を入力してください。

次回の購入時からは、カード情報を再度入力する手間が省けるため、ぜひ登録しておくことをおすすめします。

 

DMMポイント

DMMポイントは、DMMの各種サービスで利用可能な専用ポイントで、1ポイント1円として使用できます。

クレジットカードを利用せずにチャージできる方法も複数用意されており、柔軟な選択肢があります。

また、DMMサービスを利用することでポイントが還元されるので、クレジットカードでの支払いだけでなく、ポイントを貯める方法もあります。

このDMMポイントをうまく利用するのがコスパをより最大化するためのコツです♪

購入できるポイントの種類です。

今回はPayPayで購入してみました。とても簡単です♪

ポイントの購入から作品の購入まですぐ終わります。

 

DMMプリペイドカード

DMMプリペイドカードは、DMMポイントをチャージするために利用できます。

このカードには、4つの種類があります。金額の設定が可能な「バリアブルカード」と、2,000円、5,000円、10,000円の固定金額のカードがあります。

これらのカードは、コンビニや対象の販売店で購入可能で、DMMポイントを利用する人にとっては便利なカードです。

 

PayPal

DMMブックスは、オンライン決済サービスの「PayPal(ペイパル)」に対応しています。

PayPalでは、以下の支払方法を選択可能です。

クレジットカード

デビットカード

銀行口座(口座振替)

DMMブックスでは、銀行口座からの支払い方法は提供されていません。

しかし、PayPalを利用すれば、銀行口座からも支払いが可能です。

ただし、PayPalによる支払いに対応していない商品もあるため、注意が必要です。

銀行口座をお持ちでない方でも、PayPalアカウントを作成すれば、クレジットカードやデビットカードを使った支払いも可能です。

 

注意点

注意点カードを持っているうさぎ

・購入作品の返品はできない

購入した後のキャンセルや返品は、DMMブックスはもちろん、電子書籍サービス全般において原則受け付けていません。このサービスの性質上、注意が必要です。

後悔しないためには、無料サンプルを読んでみたり、レビューを確認してから購入を決めることが大切です。

気になる作品を見つけた場合は、一度検討してから購入ボタンを押すようにしましょう。

 

・購入作品の削除はできない

ご購入いただいた作品は、「購入済みの本一覧ページ」に表示されますが、一度追加された作品は削除できない仕組みとなっていますのでご注意ください。

しかし、表示したくない購入履歴を非表示にする設定や、アプリにロックをかけることで解決することができます。

 

3.DMMブックスの特徴的な機能

DMMブックスの特徴を述べている少女

3-1. 本棚とカギ付き機能

本棚機能とは、購入した電子書籍をジャンル別で保存できるシステムです。

作品を本棚に追加するには、購入済みのページを表示させた状態で「編集」をタップし、作品を選択します。「本棚へ追加」をタップし、本棚を選びましょう。

 

さらにDMMブックスは、本棚ごとにアクセス制限できる鍵付き機能があります。

本棚に鍵を付ける方法は2つあります。

①本棚を作成中に本棚名の入力画面で「鍵付き本棚に設定」にチェックを入れる方法

②鍵をかけたい本棚を表示した状態で「編集」「鍵付き本棚に設定」をタップする方法

前述の方法で本棚に鍵を設定しただけでは、アプリを起動すると作品一覧が表示されてしまいます。

作品名を非表示にするには、鍵のかかった本棚自体を非表示にする必要があります。

この設定は簡単で、メニューから「鍵付き本棚を非表示にする」を選択するだけです。

作品を読むときは同じ手順で設定を解除しましょう。

この機能を活用すれば、見られたくない作品が完全に隠されプライバシーが保護されます。

 

3-2.アプリのロック機能 

アプリのセキュリティを強化したい場合、パスコードを設定することがおすすめです。

そのために便利なのが、アプリのロック機能です。

アプリのロック機能を有効にするには、メニューから設定を開き、アプリのロック機能をオンにしてください。

これにより、アプリを不正なアクセスから守ることができます。

 

3-3.自動再生機能

マンガを読む際、ページをめくるたびに画面をスクロールするのは煩わしいものです。

そこで、自動再生機能を利用することをおすすめします。

作品を開くと、画面の左下に三角のアイコンがありますので、そこから自動再生のON/OFFを切り替えることができます。

自動再生の間隔は2秒から20秒まで自由に設定でき、手軽にマンガを読むことができます。

特に、重たいタブレットや大きめのスマホでのマンガ閲覧時は手の負担をあるため、自動再生機能を活用してみてはいかがでしょうか。

 

3-4.しおり機能

電子書籍でも、紙の本と同様に読んでいる途中のページにしおりを挟むことができます。

しおりを挟みたいページの画面上でタップすると、本のアイコンが表示されます。

そこから「しおりをつける」を選択することで、ページ情報がしおり一覧に追加されます。

また、「編集」を押すことでタイトル名を自由に変更することもでき、自分なりのカスタマイズが可能です。

ページを開く必要もなく、しおりやタイトルでどこまで読んだかを把握することができるので、この機能は、複数の作品を同時に読んでいたり、読み返したいページがある場合にとても便利です。


3-5.レビュー機能

作品について感想やコメントを残すことができるレビュー機能は、「自分のおすすめ作品を紹介したい!」という人にとって最適です。

この機能は、ブラウザ版に限定されており、購入した作品の「レビューを書く」から投稿できます。

レビューを書くことで、DMMポイントがもらえるキャンペーンもあるため、自分のお気に入り作品を紹介しながらポイントも簡単に貯めることができます!

 

以下はレビュー記入項目です。

評価

ニックネーム

タイトル

コメント 

 

4.DMMブックス・FANZAを利用した個人的感想

個人の感想を述べる人

ここで筆者がDMMブックス・FANZAを利用した感想を述べたいと思います。

サイトを利用して感じたメリット

多彩なジャンル

まずDMMブックスを利用してみて、98万冊というマンガ・小説などの電子書籍がある事で読みたいと思った作品はほぼ揃えられていました!

しかも、無料で読める作品が2万冊もあるのは素晴らしいですね!

これは他の電子書籍ストアと比べても無料作品の多さはトップクラスです!

 

お得すぎるクーポン

会員登録して、初回の作品購入時には70%OFFクーポンがもらえます!

70%OFFは他の電子書籍サイトと比較してもかなりアツいです!

筆者はマンガ好きなので集めているマンガの新刊を購入しようかと思いましたが、なんせ70%なので価格の高い本を購入した方がお得だということで、筆者はビジネス書に使いました!

何でも構わないと思いますが、このクーポンを使えばお気に入りの作品をかなり安く購入できます!

 

定期的に行われるセールやキャンペーン

クーポンの内容と重複するところはあるかもしれませんが、DMMブックスが行っている年3回のスーパーセールポイント還元キャンペーンもかなり魅力的です!

コミックまとめ買いなどもスーパーセールに合わせれば、かなりコスパ良く購入できます★

 

大人向け作品も充実

他の電子書籍サイトと比べて大人作品もかなり充実しています!

コンテンツに年齢制限がありますので、そこはご注意下さい

成人向けに限られますが、読み放題プランも用意されています!

また成人向けコンテンツを扱うFANZAもDMMブックスのひとつのアカウントで利用できますし、2つのサイトは1クリックで行き来できる操作性が素晴らしかったですね!

 

総じてDMMブックスはコスパがかなり良いサイトだと感じました!

クーポンの割引率

セールの充実度

ポイント還元率

このあたりは他の電子書籍サイトと比べて非常に優秀です!

コスパ重視の方、また成人向けコンテンツを豊富に楽しみたい方などは必見のサイトであると思います!

ご参考にしていただけましたら幸いです。

 

5.まとめ

まとめている人

 

・DMMブックスは、DMM.comが提供する電子書籍プラットフォーム

・FANZAブックスは、成人向け事業の分社化により別の会社が運営しているサービス

・DMMブックスとFANZAはサイト内で簡単に行き来できる

・同人誌を読みたい場合はFANZA

・DMMブックスは人気作品からマイナーな作品まで幅広くカバーしており、作品数が豊富

・成人向けコンテンツに限られるが、読み放題プランの充実度も高く、コストパフォーマンスが良い

・無料で読める作品は2万冊以上

・会員登録時に初回購入70%OFFクーポンが貰える

・スーパーセールやポイント還元キャンペーンが盛りだくさんで、年間を通して様々なキャンペーンやクーポンが提供される

・DMMブックスは、本棚ごとにアクセス制限できる鍵付き機能がある

 

6.Q&A

Q&A

Q1.エラーが原因で電子書籍が読めない場合はどうすればよいですか?

A2.読み込み中に電子書籍アプリでエラー表示が出た場合、リフレッシュログインを試してみると良いでしょう。

リフレッシュログインは、アプリ版限定の方法で、ログイン情報を更新し、データを再読み込みしてくれます。

まずはアプリからログアウトし、再度アプリを開きます。

そして、メニューから「ログインできない場合」を選び、「リフレッシュしてログインする」を選択します。

 

Q2.スマホの機種変更をしたのでデータを移動したい時はどうすればいいですか?

A2.DMMブックスのデータを移行したい場合、アプリ版のデータ移行機能が利用できます。

「データ移行」をタップし、「保存を実行」を選択します。

「保存を実行しますか?」というメッセージが表示されたら、「はい」を選び、保存先のフォルダを指定し「保存」をタップします。

スマートフォンが壊れた場合でも、同様に「データ移行」「復元を実行」で復元が可能です。

この機能は一括で移動・復元ができるため、バックアップを取りたい場合にも便利です。

 

Q3.購入作品のダウンロード期限が切れてしまった場合はどうすれば良いですか?

A3.DMMブックスを利用する際、ダウンロード期限が切れた作品でも再度ダウンロードが可能です。

トップページにある「購入済みの本」をクリックし、「作品をダウンロードする」を選択するだけで簡単に再ダウンロードができます。

ただし、販売が終了した作品については再ダウンロードができないので、購入前に注意が必要です。

 

今回は「DMMブックス・FANZAの特徴やメリット・利用の仕方」というテーマで解説してきました。

DMMブックス・FANZAの利用をお考えの方に本記事が少しでもお役に立てましたら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。